XM(エックスエム)はどのような業者(証券会社)?メリット、デメリット、特徴、口コミ、評判などを解説

全て
 

XMはどのような取引所なの?

 

海外FXでも一番信頼されている業者で、多くのユーザーに利用されているよ。

XMは多数のユーザーに利用されている海外FXです。

多くのユーザーが安心して利用できる信頼性を持っており、安全に利用できる環境が整備されています。

XMを利用する際は、メリットやデメリット、XMの基本的な情報を理解してから取引したほうがいいでしょう。

ここからは、XMがどのような取引所なのか、メリットやデメリットについて解説していきます。

XMの特徴

 

XMってどのような特徴があるの?

 

XMはメリットとデメリットがはっきりしている業者だよ。双方の要素を理解していくとわかりやすいよ。

XMの特徴は、メリットとデメリットを見ていけばわかりやすいでしょう。

まずはXMのメリットとデメリットについて紹介しますので、1つ1つの情報をしっかり確認してください。

XMのメリット

XMのメリットは次のとおりです。

XMは豊富なサービスによってユーザーが取引しやすい環境を整備しており、初心者でも気軽に取引に参加できる傾向があります。

また、レバレッジ1,000倍という数字によって、少額でも取引できる環境が整えられているのも大きな良さでしょう。

ここからは、XMのメリットについて詳しく説明します。

4つの口座を提供している

XMでは4つの口座を提供しています。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ゼロ口座
  • KIWAMI極口座

詳しいことは後ほど紹介しますが、タイプの違った口座に分割されているため自身のスタイルに合わせた取引が可能となってます。

一般的な取引にはスタンダード口座、少額ならマイクロ口座というように、4つの口座を有効に活用しながら取引していくといいでしょう。

自分に向いている口座を利用して取引していくと、XMでの取引を成功させやすくなるメリットを得られます。

レバレッジ最大1,000倍

XMのレバレッジは最大1,000倍に設定されています。

1,000倍というのは非常に高いレバレッジに該当しており、海外でも相当高い数字として利用できるのは間違いありません。

1,000倍の数字に設定されているレバレッジであれば、取引時に必要とされる資金を抑えられるようになるのが大きなメリットです。

レバレッジが高ければ高いほど証拠金を抑えられるメリットが得られます。

豊富なボーナス

XMでは豊富なボーナスを提供しています。

XMは様々なボーナスを提供していることで、ユーザーが取引しやすい環境を作りやすくしているのです。

ボーナスは出金できないものの、軍資金として投資できる点は大きなメリットであり、ボーナスを受け取っておけば軍資金増加の期待が高まります。

ボーナスを使える口座は限られているものの、ボーナスを使える口座であれば多数の資金を注ぎ込んでの取引も可能になります。

XMPによるポイントキャンペーン

XMPと呼ばれるポイントサービスが用意されており、貯めておくと更にボーナスを得られるようになります。

XMPは取引ごとに貯まるボーナスであり、最低で10XMP、最大で20XMPが1回の取引で提供されていきます。

ポイントを貯めるとボーナスと交換できるようになっている他、一部のランクであれば現金との交換も可能になっており、ボーナスを大量に増やして取引できるのです。

ボーナスを増やすための取り組みが進められているのは大きなポイントであり、資金がなくなっているときにXMPを有効に使って資金を捻出できるメリットを得られます。

XMのデメリット

XMにはメリットもありますがデメリットも存在しています

  • スプレッドが広がりやすい
  • 法人口座は作成できない
  • 放置すると口座維持手数料がかかる
  • 資金を保有しすぎるとレバレッジ制限を受ける

スプレッドについては海外FXですので仕方ないところもありますが、時間帯によっては相当広がってしまうケースもありますので注意が必要です。

また、法人口座に対応していないという部分では、個人向けの業者という認識を持っていなければならないでしょう。

ここからは、XMのデメリットを詳しく説明します。

スプレッドが広がりやすい

XMはスプレッドが広がりやすく、あまり狭い業者ではありません。

スプレッドは時間帯によって変動する方法であり、タイミング次第ではかなり広がります。

特に日本時間朝方になるとかなり広い数字となってしまい、取引できないようなレベルになってしまいます。

他にも経済指標が発表されている時間帯などを含めて、スプレッドが広い状況が起こりやすいのが問題です。

 

スプレッドについてはしっかり把握しておきましょう。

法人口座は作成できない

XMは個人向け口座以外は作成できません

個人で取引しているユーザーは問題ありませんが、法人が口座作成する場合は個人での口座を作らなければなりません。

個人口座では法人口座の優遇措置が使えなくなってしまいますので、法人は税の優遇措置が取れない状況になってしまいます。

損失を避ける場合はXM以外の業者で、法人口座の作成に応じてくれるところを利用しなければなりません。

放置すると口座維持手数料がかかる

XMは口座を放置していると口座維持手数料がかかってしまいます。

口座維持手数料は5ドルで、現時点で残されている残高から差し引かれます。

残高が存在していない場合は、90日が経過した時点で口座凍結となり、利用できません。

XMを利用していないで放置していたため、口座が利用できなくなるという事例は多数あるので注意してください。

資金を保有しすぎるとレバレッジ制限を受ける

XMでは、資金を大量に保有しているユーザーにレバレッジ制限が発生します。

詳しいことは後ほどレバレッジの項目で説明しますが、資金を大量に保有しているとレバレッジは制限され、最大値の1,000倍にできなくなります。

制限されたレバレッジでは、少額での取引が不可能になってしまうため、場合によっては資金を減らすための取り組みをしなければなりません。

 

レバレッジ制限を回避するために、様々な行動を取らなければならないのは大きなデメリットと言えるね。

XMの基本概要

 

XMはどのようなサービスを提供しているのか、1度見ておきたいね。

 

基本的な情報を解説していくから、情報をしっかり把握した上で口座を作成するか検討しておくといいよ。

XMの基本的な情報をしっかり押さえておくと、口座開設の際に便利です。

色々な情報が存在しているXMでは、取引に必要な情報以外にも、必要とされている情報をしっかり確認しておく必要があります。

特に信頼できるかどうかの情報をしっかり見ておくのは重要であり、安心して取引できる環境をしっかり見ておくのが重要です。

ここからは、XMの基本的な情報について取り上げていきます。

XMの会社情報

まずはXMの会社情報です。

運営している会社は次のとおりです。

運営会社Tradexfin Limited
所在地Unit E, F28, Eden Plaza, Eden Island, Republic of Seychelles
設立年2009年

設立してから10年以上が経過しており、かなり長くサービスを提供しているのがわかります。

運営している会社も同じ会社が長くサービスを提供しているため、安心感が高いと言えるでしょう。

所在地を公開している点も含めて、安心して利用できる環境をしっかり整備しているのは間違いありません。

 

海外FXには所在地を公開していないところもあるから、公開しているだけでも信頼性はあるよ。

XMの金融ライセンス

XMが保有している金融ライセンスはセーシェル共和国が提供しているものです。

金融ライセンスを保有していないFXは違法として扱われ、海外でも摘発の対象となってしまいます。

XMでは設立年からセーシェルで発行されているライセンスを保有して、安心してサービスが提供できるようにしているのが大きな安心です。

 

セーシェルはライセンスとしては信頼できるところだから、安心して運営されていることがしっかり証明できていると言えるよ。

XMの安全性・信頼性

XMは今までに問題を起こしている業者ではないため、安全に取引できます。

仮に問題を起こしているとすれば、過去の問題がネット上に掲載されており、怪しいサイトという認識を持たれているでしょう。

現時点で安全性や信頼性に影響するような問題は起こしていないため、安心してサービスを利用できる状況が作られていると言えます。

出金トラブルも起こしていませんし、明らかな滑りなどで取引の邪魔をしている情報もないため、信頼性は相当高いものと判断していいでしょう。

尚、近年XM口座開設をされる方が増えているのもこれら安全性、信頼性があってのことでしょう。

 

10年以上サービスを提供しているということは信頼性が高くなければ出来ないことだよね。高い信頼性がXMを支えていると言うことだね。

XMで使える口座タイプ

XMで使える口座タイプは4種類あります。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • ゼロ口座
  • KIWAMI極口座

4種類の口座が利用可能になっており、それぞれに違いがあります。

 スタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座KIWAMI極口座
スプレッド1.6pips1.6pips0.1pips0.6pips
最大レバレッジ1,000倍1,000倍500倍1,000倍
最低取引量1,000通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
取引手数料なしなし片道5ドルなし
取引銘柄165種類165種類104種類165種類
ボーナスすべて利用可能すべて利用可能口座開設のみ口座開設のみ
XMP貯められる貯められる貯められない貯められない
最大注文数50ロット100ロット50ロット50ロット

表の通り、色々な違いが存在しています。

スタンダード口座が基本的なスペックとして準備されており、より取引数量を少なくしているのがマイクロ口座として準備されています。

ゼロ口座は低スプレッド口座ではありますが、レバレッジの数値や取引銘柄、手数料の違いによって負担が大きくなりがちな口座です。

KIWAMI極口座は新しく導入されている口座であり、低スプレッドとハイレバレッジの両立を図っている口座です。

口座としては一番使いやすくなっていますが、XMで使えるボーナスなどが利用できない問題を抱えているため、ボーナス狙いの人はスタンダード口座を使ったほうがいいでしょう。

 

口座タイプごとに違いがあるから、1つ1つの情報をしっかり考えて利用してね。

XMのボーナス・キャンペーン

 

XMにはどんなボーナスやキャンペーンがあるの?

 

XMには口座開設ボーナスや入金ボーナスが用意されているよ。利用できる口座で使ってみましょう。

XMが提供しているボーナスは2つあります

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス

2つのボーナスを有効に利用していけば、軍資金を増やせる可能性が高くなっていくでしょう。

ここからは、2つのボーナスについて説明していきます。

口座開設ボーナス

口座開設ボーナスは、XMの口座を初回に開設したユーザーに対して提供しているボーナスです。

初回口座開設したユーザーに対して、13,000円(130ドル)が支給されるルールとなります。

口座開設ボーナスとしては破格の数字を提供しているのは間違いなく、無料でかなりの金額を手に入れられるのはいいところでしょう。

ボーナスについては次のルールが適用されています。

  • ボーナスは出金できない
  • ボーナスを使って取引した際に得られた利益は出金できる
  • ボーナスは放置すると消滅する
  • 2回目以降の口座開設や追加口座開設では受け取れない

ボーナスは受け取れるルールが決められている他、出金できないという規約も存在していますので、資金をXMで使い切るような感覚で使っていきましょう。

なお、口座開設ボーナスは一定の期間が経過した時点で削除されてしまうため、削除されないためには早々に利用する必要があります。

入金ボーナス

入金ボーナスは、XMへ入金したユーザーに対して提供されるボーナスです。

XMでは2種類の入金ボーナスを提供しており、1種類のボーナスが終了すると2種類目のボーナスが受け取れるルールが適用されています。

1つ目100%入金ボーナス500ドルまで
2つ目20%入金ボーナス10,000ドルまで

ボーナスは1つ目の100%入金ボーナスをすべて受け取った後、2つ目の20%入金ボーナスを受け取る方法となります。

合計で10,500ドル相当が受け取れるようにしていますので、XMの入金ではかなりのボーナスが受け取れると判断していいでしょう。

また、ボーナスは完全に消化するまで受け取り続けられるため、一定額を入金してボーナスを獲得し、次の入金でボーナスを獲得するという方法も使えます。

入金ボーナスを使えば、より多くの軍資金を獲得できるでしょう。

なお、次のルールが存在します。

  • ボーナスは出金できない
  • ボーナスを利用して得られた利益は出金可能
  • 過去にアカウント凍結された場合、口座を再開設するとボーナスの残高は引き継ぐ
  • ボーナスを不正に受け取るとアカウント凍結
 

間違ってもアカウント凍結されるようなトレードは避けるようにしてね。

XMP

XMPとは、XMが提供しているポイントです。

キャンペーンとして配布されているもので、次の口座を利用してトレードした場合に配布されます。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座

KIWAMI極口座とゼロ口座は配布されませんので、XMPを貯めている場合は気をつけてください。

XMPはランクが設定されており、ランクが上昇するとポイントを増やせるメリットがあります。

EXECUTIVE10XMP
GOLD13XMP
DIAMOND16XMP
ELITE20XMP
※マイクロ口座を利用した場合、XMPは1/100として計算される(10XMPを得られる場合、マイクロ口座では0.01XMP)

ランクが最大になれば初期ランクよりも2倍のポイントを得られるようになり、大量のポイント獲得も夢ではありません。

XMPを獲得するには1ロットの取引が必要で、1ロットの取引が完了した時点でポイントが自動配布されます。

XMPは貯めるとボーナスや現金との交換が可能です。

ボーナスと交換XMPの1/3が獲得可能
現金との交換XMPの1/40が獲得可能
※現金との交換はDIAMONDとELITEのみ可能

ボーナスや現金と交換して、より多くの軍資金や利益を得られるようにしていくのがおすすめです。

XMPは大量に貯めれば資金源として使えるため、どんどんポイントを獲得する方向でトレードしましょう。

XMのプラットフォーム

XMが提供しているプラットフォームは2種類存在しています

  • MT4
  • MT5

MT4は現時点でプラットフォーム最強と言われているほどのシステムで、非常に多くの機能と使い勝手の良さを持ち合わせています。

MT5はMT4の改良発展形とされているもので、よりMT4を利用しやすくするために改良され、スピード感を上昇させています。

2つのプラットフォームは口座開設時に選択するルールがあります。口座開設時にどちらを利用するか決めておきましょう。

基本的に慣れていない人はMT4を選択し、トレードに慣れている人はMT5を利用してトレードすると使いやすいと感じられるでしょう。

なお、MT5はインジケーター不足とされている部分があり、狙っているテクニカル分析が使えない可能性があるので注意してください。

XMの取引時間

XMが提供している取引時間は次のとおりです。

夏時間月曜6:05~土曜5:50
冬時間月曜7:05~土曜6:50
※一部銘柄で取引時間の制限あり

夏時間は主に4月から10月末まで適用され、11月から3月頃まで冬時間が使われます。

大体は夏時間を覚えておけば問題なくトレードできます。

 

夏時間に合わせてトレードするように心がけていれば大丈夫だけど、メンテナンスでトレードできない時間には気をつけてね。

XMが採用している取引方式

XMが採用している取引方式はNDD方式と呼ばれるものです。

 

NDD方式ってどのようなものなの?

 

NDDはディーラーをおかないでトレードするもので、直接市場に注文を出すトレード方法だよ。確実にトレードできるからおすすめだよ。

NDD方式のメリットは次の部分にあります。

  • ディーラーを経由しないためトレードが確実に成功する
  • 約定力が高くなり狙っているところでトレードできる
  • スピード感が早くトレードの成功が狙いやすい

国内FX業者で利用されているDD方式と違い、ディーラーを経由しないためトレードの成功確率が高く、約定しないという問題が起こらないのです

他にもスピード感に優れ、約定力も上昇するメリットを持っていますので、XMがNDD方式を採用しているのは大きなポイントです。

NDD方式は優れたトレード方法と覚えておきましょう。

XMのレバレッジ

XMが提供しているレバレッジは、口座によって違いがあります

スタンダード口座,マイクロ口座,KIWAMI極口座最大1,000倍
ゼロ口座最大500倍

ゼロ口座のみ最大レバレッジが低くなっていますので、少額でのトレードが難しい傾向にあります。

他の口座は1,000倍というレバレッジを適用し、かなり少額でのトレードを実現できるようになっているのは大きなポイントです。

なお、XMは所持している金額により、レバレッジ制限が発生するため注意が必要です。

40,000ドル以下最大1,000倍(ゼロ口座は500倍)
40,001ドル~80,000ドル最大500倍
80,001ドル~200,000ドル最大200倍
200,001ドル以上最大100倍

レバレッジは保有している資産によって変化しますので、あまりにも多くの資金を口座に保有しているとレバレッジが低くなってしまう点に気をつけておきましょう。

ハイレバレッジを希望するなら資金を口座に残さないでおきましょう。

XMの約定力・約定スピード

XMの約定力は99.98%と高くなっています。

ほぼ狙っているところで約定できるように作られており、スピード感も非常に優れています。

また、KIWAMI極口座を利用している場合に限り、約定力は99.99%となりますので、より約定しやすい状況が生まれているのです。

高い約定力を狙いたい人は、KIWAMI極口座を開設してトレードするのがいい方法です。

スリッページもほぼ見られないため、トレードする際に滑りを気にしてイライラするような状況も起こりません。

XMで使われているゼロカット

XMではゼロカットが使われています

 

ゼロカットってなんですか?

 

口座資金がマイナスになったとき、XM側でマイナス分を帳消しにして借金しなくてもいいようにするルールだよ。海外FXでは定番のシステムだよ。

ゼロカットは次のタイミングで発動します。

  • 口座残高が0円以下になっており、国内FXでは追証が発生するような状況
  • 口座残高がマイナスになったタイミング

基本的には口座残高がマイナスになってしまった場合、XMが自動的にマイナス分を帳消しにして、0円にしてくれるというのがゼロカットです。

ゼロカットの恩恵により、XMでは借金や追証という状況が起こらないので安心してトレードできます。

ゼロカットは海外特有のシステムですが、安心してトレードするために用いられているシステムでもあります。

XMで採用されるスプレッド

XMで採用されている主な銘柄のスプレッドを紹介しましょう。

 スタンダード口座KIWAMI極口座ゼロ口座
米ドル円1.6pips0.6pips0.1pips
ユーロ円2.5pips1.3pips0.5pips
ユーロドル1.3pips0.3pips0.1pips
※マイクロ口座はスタンダード口座と同じ

スプレッドは口座ごとに違いがあるものの、基本的にゼロ口座が一番狭く、スタンダード口座が一番広い設定となります。

KIWAMI極口座は中間に近い状態となっていますが、ゼロ口座と違い取引手数料を請求されませんので、実質はKIWAMI極口座が一番スプレッドが抑えられます。

スプレッドは平均値であり、タイミングによって変動するため注意してください。

特に次のタイミングはかなり広くなる傾向があります。

  • オセアニア時間(日本時間朝方)
  • 経済指標が発表された直後

取引が多くなってしまうタイミング、または取引が極端に減ってしまうタイミングはスプレッドが広がってしまう点に注意しておきましょう。

XMで取引する際に注意したいポイント

ここからは、XMで取引する際に注意しておきたいポイントを解説していきます。

今回解説するのは次の3項目です。

  • スキャルピングの有無
  • 両建ての有無
  • 自動売買の有無

トレードを利用する際は、ルールをしっかし理解しておくように心がけておきましょう。

スキャルピングは可能

XMではスキャルピングが認められています

 

スキャルピングってなんですか?

 

短時間に売買を繰り返して利益を上げていく方法のことだよ。トレードの中でも成功しやすく、利益を出しやすいことで知られているんだけど、サーバーの負担が大きくなるよ。

スキャルピングはサーバーに負担をかけ、業者の中では利益を簡単に出せるという観点で禁止しているケースもありますが、XMでは認められています。

実施する際にはスキャルピングに適した口座を利用するのが最もいい方法であり、KIWAMI極口座やゼロ口座を利用するといいでしょう。

スキャルピングが認められているため、短時間の売買で厳しく言われる心配はありません。

両建ては同一口座であれば可能

両建てについては、同一口座内で実施する場合は認められています

認められている方法は、1つの口座で買いと売りの両方を実施するものです。別の口座で買いと売りのトレードをしていると違反行為として処罰されます。

1つの口座で両建てする分にはXMも気にしていませんが、2つ以上の口座で両建てしていると判断されれば、その時点でXMのトレード違反として処分されます。

両建てはアカウント凍結処分を受けますので、基本的に2つ以上の口座で両建てしないように気をつけておかなければなりません。

また、他社との両建ても認められていませんので、他の業者と並行してトレードする際も両建てしないように気をつけてください。

 

両建てのルールは複雑だけど、1つの口座内で完結していなければ違反になってしまうものと覚えておきましょう。

自動売買は可能

XMでは自動売買が可能です

自動売買を利用する際には、MT4やMT5で提供されているインジケーターを持ってくる必要があります。

インジケーターは自動売買用のプログラムです。外部で提供されているプログラムを利用して自動売買する分には問題ありません。

インジケーターを利用すれば、自分が希望している売買方法を実現できるため、トレード方針さえ確定させておけば問題なくトレードできるでしょう。

当ブログ内からXM口座を開設された方へ、XMで利用が可能な自動売買ツール(EA)をプレゼントキャンペーン実施中です! 自動売買ツール(EA)は下記3つのタイプから選択して、口座開設と同時に自動売買取引が可能です

尚、インジケーター以外の方法で自動売買するのは認められておらず、外部ツールを利用するなどしてトレードした場合は違反として処分されます。

こちらも処分内容はアカウント凍結となりますので、インジケーターを利用してトレードする方法以外は使わないでください。

XM入出金方法

 

XMの入出金方法にはどのようなものがあるの?

 

XMには多数の入出金方法があるよ。クレジットカードや銀行振込も使えるよ。また専用のサービスを利用する方法も便利だよ。

XMが採用している入出金方法について説明します。

 入金出金利益分の出金
クレジットカード500円から可能500円~入金額までできない
銀行振込10,000円から可能10,000円~無制限できる
bitwallet500円から可能500円~入金額までできない
STICPAY500円から可能500円~入金額までできない
BXONE500円から可能500円~入金額までできない

XMでは入出金方法が5つ用意されており、全てのサービスで入金と出金が可能です

入金は銀行振込だけ下限が高くなっていますが、他のサービスは500円から対応可能になっています。

出金も同様の方法が採用されていますが、出金ルールが存在しますので気をつけてください。

  • 出金は入金と同じ方法を利用しなければならない
  • 出金できるのは基本的に入金額と同額まで(銀行振込は例外)
  • 利益分の出金は銀行振込を利用しなければならない

特に利益分の出金を入金と同じサービスで実施するのが不可能となっていますので、出金する際は銀行振込を利用することを覚えておきましょう。

なお、銀行振込については次に該当している銀行は対応していませんので注意してください。

  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • PayPay銀行

理由はSWIFTコードが存在しないため、銀行の判別がXM側でつかないためです。

銀行振込を利用する際は、対応している銀行口座を保有しておきましょう。

 

入金した方法と出金した方法は合わせなければいけないんだよ。入金方法をしっかり考えておかないと、出金が面倒になるケースもあるよ。

XMのサポート・日本語対応

XMのサポート対応はメールのみ実施されています

メールによるサポートは、週5日間24時間体制でサポートしており、平日であれば基本的にサポートを受けられるものと判断していいでしょう。

休日はサポートしていないので気をつけてください。

日本語対応は基本的にホームページは全て対応しています

マイページも全て日本語対応が受けられますので、入出金等の手続きも日本語で不自由なく利用できます。

ただ、プラットフォームは日本語化されていませんので、利用する際は英語がわからないと取引が難しくなるため注意してください。

プラットフォームは外部のシステムですので、XM側で日本語対応は実施されていません。

XMの評判・口コミ

XMの評判を実際に見ていきましょう。

 

使ってる証券会社にもよると思いますが、XMくらいの規模だと出金拒否はあまり聞いたことはないですね。1回で1000万単位の出金をした時も特に出金拒否はなかったです。

出金拒否は実施していない業者ですので、安心して利用できるでしょう。

仮に出金拒否していれば、ユーザーから明らかな不満が噴出しており、ネット上で問題になっているはずです。

 

XMは定期的にウェビナーという【fxの講義動画】を無料提供してくれている所がメリットの大きな一つ。ローソク足の見方や使い方やその他諸々色々解説してくれている。中級者以上の人には需要ないかもだけど、初心者にはかなりいいと思う。

ネット上で講義をしているという点がいいところで、初心者でもウェビナーを利用すれば情報を手に入れられます。

FXに関連する情報をすぐに手に入れられるのはいいところです。

 

いつの間にかXMのストップレベルが0になってる! あれが一番ネックだった。

国内銀行に振込できるし。 GOLDのレバレッジが1000倍だし。

スプレッドも以前より狭くなってる。 進化してるなあ。。。

以前はストップレベルという課題があり、XMはスキャルピングも含めて使いづらい業者と言われていました。

しかし、ストップレベルは2021年に廃止されたため、現在はトレードしやすい業者となっています。

よりトレードしやすい業者へと変化しているのは、非常に優れているサービスと言えるでしょう。

 

XM銀行口座の出金手数料2500円、、、でかすぎる

一方でマイナス要素になっているのが銀行振込の手数料です。

出金手数料が2,500円も取られてしまうケースがあり、大金を出金できないと損失を出してしまいます。

出金に関してはより使いやすいサービスを追求してほしいという声もあります。

 

色々な意見は見られるけど、基本的に悪いイメージは少なく、良い評判が多く見られているのがわかるね。

まとめ

ここまでXMについて解説してきました。

XMは海外FXにまだ慣れていない人も利用できますし、高度なトレードを希望している上級者も利用できる業者です。

今後もさらなる改善を図ってくれる期待もあるため、現時点でマイナスとされている要素も解消されていく可能性があります。

口座の情報などをしっかり覚えておけば、より安心して使える業者として期待できるでしょう。

海外 FX 業者
海外 FX ランキング
海外 FX 比較

タイトルとURLをコピーしました